読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃるにゃる

このブログに書かれている内容は CC BY-ND 4.0 の下に提供されています。

RasberryPi で自身の IPv4 アドレスを 7セグメント LED に表示させるシェルスクリプトを書いた

RaspberryPi7セグメント LED (LB-402VN) に自身の IPv4 アドレスを表示させるシェルスクリプトを書きました。

作ろうと思った背景は RasberryPi を起動して ssh で入ろうとした時に DHCP でアドレスを取るようにしていると、どのアドレスが割り振られているか分からなくなるからです。 (自宅のネットワークなどでは適当に ping とか nmap 192.168.0.0/24 -sn とかでなめれば分かりそうですが ...) hostname -I を使っているので (恐らく) Raspbian 依存、配列を用いているので bash 依存です。 また wiringPi というコマンド群を用いて RasberryPi の GPIO を操作しているので、それも必要です。 以下のように git clone して build してください。

% git clone git://git.drogon.net/wiringPi
% cd wiringPi
%  ./build

適当に書いたので、もっと効率化できそうな気がしますが、とりあえず晒してみます。 ピンの番号などは RPi Low-level peripherals - eLinux.org を見れば分かると思います。

This script is light RasberryPi(OS: raspbian)'s IP ...

© 2014 おわたん All Rights Reserved.