読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃるにゃる

このブログに書かれている内容は CC BY-ND 4.0 の下に提供されています。

松屋へ行こう !

この記事は 松屋 Advent Calendar 2014 の1日目の記事です。

私は以前から松屋に頻繁に行くような人間ではありませんでしたが (むしろ家から近いので吉野家すき家によく行っていた)、 おかのさん (@okano_t) と出会って話をしていく中で、いつの間にか遠くても松屋に行く人間になっていました。

さて、私はよく人に「松屋に行こう !!」と言っていますが、一緒に行くならまだしも、 松屋がどんなお店なのかよく分からないかもしれない人に、「松屋に行け !!」というのはちょっと酷ですね。 なので、松屋はどのようなお店なのか、ということと、売っているメニューの紹介をしたいと思います。

松屋とは

株式会社松屋フーズ(まつやフーズ、英称:Matsuya Foods Company, Limited)は、 牛丼(牛めし)・カレー・定食などを販売する「松屋」などの飲食店をチェーン展開している企業。

(松屋フーズ - Wikipediaより)

Wikipedia にも書いてあるように、松屋では主に牛めし, カレー, 定食を販売しています。 実際、私は松屋では良く定食メニューを食べています。 特筆すべき点は、値段もさることながら、メニューの品揃えの豊富さです。 (プレミアム) 牛めしでは牛めし, おろしポン酢牛めし, etc ... 、ではネギ塩豚カルビ丼, キムカル丼, etc ... 、 定食では豚バラ焼肉定食, 香味野菜のミートソースハンバーグ定食 (2014/12/01 現在提供されているメニュー), etc ... 数えあげればキリがありません。

また、全てのメニューに無料でお味噌汁が付く (お持ち帰りの場合を除く) お店です。 他の牛丼屋さんだと、オプション扱い (有料) になっていることが多いです。

そして、松屋は食券制のお店で、声を出さずとも注文できるお店の1つです (一部メニューではオプションの選択などがありますが ...) 。 なので、コミュニケーションが苦手な方でも安心して食事が取れます。

ここで、松屋での一連の流れを示してみましょう。

1. 松屋に行く

2. 券売機で食べるメニューを決める

3. 食券を買い適当な席に座る

4. 食べる

簡単ですね。これで皆さんも臆さずに松屋に行くことができるでしょう。 皆さんも是非、松屋に行きましょう。

明日 (2014/12/02) は おわたん (@owatan_) で「今年の松屋の総まとめ」です、よろしくお願いします。

© 2014 おわたん All Rights Reserved.