にゃるにゃる

このブログに書かれている内容は CC BY-ND 4.0 の下に提供されています。

大学と単位と留年と休学と退学

この記事は 退学 Advent Calendar 2014 の 5日目の記事です。 昨日は Tee さんで 退学の周辺 でした。

大学と単位

私は、高校生の時は数学が好きでした。 なので、当時は「数学科のある大学に行ってもっと勉強したい」と思っていました。 しかし、家庭の財政的な事情もあり「実家から通学することができる範囲内の国公立大学で」という条件の元、大学を探していましたが、 条件に合う大学は無く *1 、別の情報系の大学を受験することにしました。

しかし、2次試験で、好きであった数学で盛大に失敗してしまい、何とか合格することは出来たものの、 第1希望でもなければ第2希望でもない、第3希望の学科に入学することになりました。 合格発表を Web で見ていた時は、喜んでいいのか落ち込んでいいのかよく分かりませんでした。 その時、私にはなぜ親や周囲の先生が喜んでいたのかよく分かりませんでした。 合格発表を見てから「前期試験での合格を蹴って、同じ大学の後期試験を受けよう」と思いましたが、 なぜか喜んでいる人たちの様子を見ると、とてもそういうことは言い出せませんでした。

実家から大学までの通学時間は軽く見積もっただけで片道2時間前後であることが分かり、 「じゃあ1人暮らしをしなさい」と後出しで言われ、何とも言えない気持ちが私の中を駆け巡りました。

単位と留年

私が通っていた *2 大学は、 1年次から2年次への進級は無条件でできますが、2年次から3年次への進級は要件があります *3 。 私の記憶が正しければ、1年生の前期のころは真面目に講義に出て、それなりに単位は取れていました。 後期のころから不真面目になって単位を落とすようになり、2年生の前期では出ない講義のほうが多くなって、進級が絶望的になっていました。 2年生の後期になると、履修登録はしたものの顔を出すのは最初の1, 2週程度で、その後は講義に出ていませんでした。

(2年生の前期の中ごろにはほぼ確定していたようなものですが) 後期になると進級要件の単位を取り切ることができず、 留年することが確定していました。 また、その時同じ頃に「今までは奨学生が留年すると、留年した年度だけ奨学金の支給がストップし、進級すれば支給はまた再開するが、 今後は留年すると奨学生の資格が廃止される」という話を耳に挟むようなり、 「今後の人生どうしようかな」とぼんやり考えていました。

留年と休学

「単位が取れなくて進級出来ないから留年します」と親に伝えたところ、言われたことは多々あるものの、 「あなたの人生なんだし、好きにしなさい」と言われ、休学届に押印をしてもらいました *4

この時点で退学を選択しても良かったのですが、大学に籍がある *5 メリットが大きく、踏みとどまりました。

他の大学の単位取得制度や単位数は知りませんが、同じ年度に同じ大学に入学し、同じ学科で3年に進級した友人がいるので、 そこまで進級は難しく無いようでした *6

休学するにしても、今後の人生について考えないといけないことは変わらず、ダメ元である会社の偉い人にとメールを投げたところ、 「応募フォームから応募してきなさい」と言われて、無事に内定をいただくことができました *7

休学と退学

休学している間は何かをするわけでもなく、最初の1, 2ヶ月ぐらいは夕方に起きてネトゲをして朝に寝る、素晴らしい生活を楽しんでいました。

休学期間で一番苦しかったのは「奨学金の廃止による親からの仕送りの停止」と、 「親から買ってもらっていた ミールカード が買ってもらえない」ことでした。 つまり、自力で食べる金を稼がなければならない、ということでした。 それまでバイトをしたことはあったものの長続きせず、また応募をするつもりにもなりませんでした。 しばらくは貯金で凌いでいましたが、限界が来て、よく友人にファミレスでご飯を食べさせてもらっていました *8

その後、治験というものがあることを知り、開発中の薬を飲むことでn日間3食出て報酬も出るというものがあると聞いて、 実際に応募し被験者になっていました *9 。 しかし、それで得たお金も長くは続かず、一時期は HTML や CSS を書くバイトをしていました *10

また、私と同じ時期に同じように、1年間時間に猶予が出来た先輩が居て、その先輩には色んな場所に (車で) 連れて行ってもらいました。 特に、香川で食べたうどんは美味しかったです。

最後に

「お金が無いので早く就業を開始したい *11」と伝えたところ、 よくしてもらって先月 (2014年11月) から働くことになり、すでに働いています。 大学を辞めることに後悔はありますが *12 、今となってはどうしようも無いので、 毎日松屋でご飯食べることを目標にして生きていこうと思います。

最近はよくアニメを見るようになりました。 アニメを見ると嫌なことも一時的に忘れられるので、良いです。

また、この記事は実在する学校や団体などへの批判ではなく、ただのポエムです。

f:id:owatax:20141204224100j:plain

*1:正確にはあったが、実力が足りなかった

*2:現時点で退学届は提出できていないので、「通っている」になるべきですが

*3:取得単位数70以上

*4:この時点で1年間の休学が終わったら退学する、と親に伝え承諾も取っていました

*5:学生証を有効活用でき、また一応の保険にもなる

*6:その友人曰く「2年生の時に顔を見た人が進級後には (私を含めて) 2, 3人居なくなった」らしいです

*7:正社員での面接は落ちましたが、契約社員として雇用してもらえることになりました

*8:働かずに食べるご飯はとても美味しかったです

*9:幸い身に大事は無かったです

*10:あまり良い労働環境では無く、交通費全額支給なのを活かして、松屋に行くついでにバイトをしているようなものでした

*11:元々「早くウチに来れるなら調整するから教えてね」と言われていた

*12:B を取りたかった, 研究室生活を送ってみたかった, など

© 2014 おわたん All Rights Reserved.